ESXi

ここでは、「ESXi」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ESXi 5.1.0 Update1の環境で、vSphere Update Managerを使おうと思ったら全然ダメだった。

Windows ServerにUpdate Managerのインストールはうまくいくんだけど、
VMware vSphere ClientにUpdate Managerのプラグインを入れるとエラー出て死亡。

20141014_error1.png

VMWare vSphere Update Manager に接続中にエラーが発生しました:
[192.168.xxx.xxx:443]。
: Vmomi.Fault.NotAuthenticated:セッションが認証されていません。



意味不明です・・・(^_^;)

って事で、パッチを適用してみることにしてみました。
→結論から言うと直った。


■大まかな流れ
1.SSHで接続できるようにする
2.ESXi510-201307001をダウンロード
3.仮想ゲストを対象ホスト以外へvMotionなどで退避。それかシャットダウン。
4.ESXiへパッチを転送
5.メンテナンスモード切替、パッチ適用、再起動
6.おしまい

[ESXi 5.1Update 1でvSphere Update Manager使えない→パッチ適用]の続きを読む
スポンサーサイト
こんな項目が使えるから、定期的にVerifyしたりステータスチェック出来ます。

使っているのは「Adaptec CIM Provider v7.00.18781 for VMware」です。

| UCLI | Adaptec by PMC uniform command line interface
| UCLI | Version 7.0 (B18781)
| UCLI | (C) Adaptec by PMC 2003-2011
| UCLI | All Rights Reserved

ATAPASSWORD | Setting password on a physical drive
COPYBACK | toggles controller copy back mode
CREATE | creates a logical device
DATASCRUB | toggles the controller background consistency check mode
DELETE | deletes one or more logical devices
FAILOVER | toggles the controller automatic failover mode
GETCONFIG | prints controller information
GETLOGS | gets controller log information
GETSMARTSTATS | gets the SMART statistics
GETSTATUS | displays the status of running tasks
GETVERSION | prints version information for all controllers
IDENTIFY | blinks LEDS on device(s) connected to a controller
IMAGEUPDATE | update physical device firmware
KEY | installs a Feature Key onto a controller
MODIFY | performs RAID Level Migration or Online Capacity Expansion
RESCAN | checks for new or removed drives
RESETSTATISTICSCOUNTERS | resets the controller statistics counters
ROMUPDATE | updates controller firmware
SAVESUPPORTARCHIVE | saves the support archive
SETALARM | controls the controller alarm, if present
SETCACHE | adjusts physical or logical device cache mode
SETCONFIG | restores the default configuration
SETMAXIQCACHE | adjusts MaxIQ Cache settings for physical or logical device
SETNAME | renames a logical device given its logical device number
SETNCQ | toggles the controller NCQ status
SETPERFORM | changes adapter settings based on application
SETPOWER | power settings for controller or logical device
SETPRIORITY | changes specific or global task priority
SETSTATE | manually sets the state of a physical or logical device
SETSTATSDATACOLLECTION | toggles the controller statistics data collection modes
SETVMCREDENTIAL | Storing the ESX server credentials in Guest OS in encrypted format
TASK | performs a task such as build/verify on a physical or logical device



■全てのステータス見たい場合
ARCCONF GETCONFIG 1 AL

■Verify with fix(Build/Verify)したい場合
ARCCONF TASK START 1 LOGICALDRIVE 0 verify_fix
※日常的なVerifyなら最後をverifyと書く

■Verifyの進捗確認したい場合
ARCCONF GETSTATUS 1
■VMware vSphere Hypervisor(ESXi 4.1)のインストール手順メモ
※素人が作業したメモです。下記内容を実施しても一切責任とりません。

■構築予定
・ESXiをダウンロードしてくる。
・USBメモリにESXiをインストール。
・ストレージは全て、VM用の領域にする。
・【検討中】ストレージ(RAID)の状態をチェックする。(Adaptec 2405でRAIDの構築)
・【検討中】停電時にUPSと連動してシャットダウンする。
・【検討中】VMのバックアップ対策を行う。



■ESXiをダウンロードしてくる。
VMware vSphere Hypervisor 4.1 Update 1(ESXi 4.1)
http://downloads.vmware.com/jp/d/info/datacenter_downloads/vmware_vsphere_hypervisor_esxi/4_0


■USBメモリにESXiをインストール。
1.ISOイメージをマウントして、ローカルに「imagedd.bz2」をコピーする。
2.「imagedd.bz2」解凍する。
3.出てきたイメージをコピー。
4.PCでUSBブートしてみて、ESXiが起動すれば完成。

■使用ツール
Portable WinCDEmu(ISOマウント)
http://wincdemu.sysprogs.org/portable/

LhaPlus(BZ2を解凍)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/

DD for Windows(イメージコピー)
http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows



■ストレージ(RAID)の状態をチェックする。(Adaptec 2405でRAIDの構築)
【書き途中】
1.Adaptecで最新ドライバ等ダウンロードしてくる。
2.ESXiにインストールする。
3.ASM-CIMProviderをインストールする。
4.監視用PCにRemoteArcconfインストールする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。