Android・PCオーディオ・パソコン・N-BOXなどなど内容がブレる!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットで見つけた他の人の内容を丸パクリです。

1.エージェントのインストール
/etc/yum.repos.d/pandorafms.repo というファイルを作成して、
以下の設定を書き込む。

# vim /etc/yum.repos.d/pandorafms.repo

[artica_pandorafms]
name=CentOS6 - PandoraFMS official repo
baseurl=http://artica.es/centos6
gpgcheck=0
enabled=1

2.パッケージを検索
yum search pandora

3.インストール
yum install pandorafms_agent_unix.noarch

4.設定
/etc/pandora/pandora_agent.conf を修正

※以下の設定を変更
server_ip 
agent_name <監視対象サーバ名>

5.起動
service pandora_agent_daemon start

参考ページ:お茶屋さん、なう。
スポンサーサイト
システムやネットワークの監視をしてみたいと前から考えていました。

そこで、「PandoraFMS」というオープンソースの監視ツールを見つけたので使ってみました。

「楽天」「Casio」「VW」などの有名企業でも採用されている仕組みです。

PandoraFMSとは・・・

Pandora FMS(パンドラ エフエムエス) は、コンピュータシステムおよびネットワークの監視のためのオープンソースの監視ツールである。
ネットワークやサーバおよび、アプリケーションの稼働状況を見張り、様々な項目の状態を通知させることができる。
Pandora FMS はフリーソフトウェア財団の GNU General Public License バージョン 2 でライセンス提供されている。
Pandora FMS にはオープンソース版のほか、オープンソース版に機能追加した商用ライセンスのエンタープライズ版もある。
引用元:ウィキペディア



◆ダウンロード
URL:
http://pandorafms.com/Community/download/jp

アプライアンスCD CentOS 6.4 ベースという便利な物があるのでダウンロードしてくる。(ISOイメージ)

◆最低限の必要条件
・1024MBのメモリ、2GBを推奨。
・2GBのディスク、8GBを推奨。
・2.4GhzのCPU、デュアルコアを推奨。


◆セットアップ
1.VM上に仮想マシンを作成。

2.ISOをマウントして、VMにインストールする。


◆初期のIDやパスワード
SSH アクセス
root / (初期インストール時に定義)

MySQL アクセス
root / pandora

Pandora FMS Webコンソール
admin / pandora

ローカル運用でもセキュリティのため変更しましょう。

※パスワード変更コマンド
passwd root → 変更聞かれます。
passwd artica → 変更聞かれます。

※ネットワークから自動的に割り当てられた IP アドレスを確認するには、次のコマンドをシェルから実行します。
ifconfig

※管理メニュー(GUI)または、コマンドラインから次のコマンドで変更することができます。
system-config-network


次回は、別のLinuxサーバーに監視アプライアンスをインストールします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。