ESXi 4.1 USB インストール

ここでは、「ESXi 4.1 USB インストール」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■VMware vSphere Hypervisor(ESXi 4.1)のインストール手順メモ
※素人が作業したメモです。下記内容を実施しても一切責任とりません。

■構築予定
・ESXiをダウンロードしてくる。
・USBメモリにESXiをインストール。
・ストレージは全て、VM用の領域にする。
・【検討中】ストレージ(RAID)の状態をチェックする。(Adaptec 2405でRAIDの構築)
・【検討中】停電時にUPSと連動してシャットダウンする。
・【検討中】VMのバックアップ対策を行う。



■ESXiをダウンロードしてくる。
VMware vSphere Hypervisor 4.1 Update 1(ESXi 4.1)
http://downloads.vmware.com/jp/d/info/datacenter_downloads/vmware_vsphere_hypervisor_esxi/4_0


■USBメモリにESXiをインストール。
1.ISOイメージをマウントして、ローカルに「imagedd.bz2」をコピーする。
2.「imagedd.bz2」解凍する。
3.出てきたイメージをコピー。
4.PCでUSBブートしてみて、ESXiが起動すれば完成。

■使用ツール
Portable WinCDEmu(ISOマウント)
http://wincdemu.sysprogs.org/portable/

LhaPlus(BZ2を解凍)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/

DD for Windows(イメージコピー)
http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows



■ストレージ(RAID)の状態をチェックする。(Adaptec 2405でRAIDの構築)
【書き途中】
1.Adaptecで最新ドライバ等ダウンロードしてくる。
2.ESXiにインストールする。
3.ASM-CIMProviderをインストールする。
4.監視用PCにRemoteArcconfインストールする。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tailtale.blog76.fc2.com/tb.php/546-cc44a626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。